ホーム

首都大学東京システムデザイン学部 (首都大学東京大学院システムデザイン研究科)自然言語処理研究室(小町研)のウェブサイトです。小町研では、多言語コミュニケーションを支援するために、コンピュータを用いて人間のことばを理解・解析する手法の研究をしています。西東京に自然言語処理の研究開発拠点を作ることを目指しています。

キーワード: 自然言語処理 (機械翻訳、言語学習支援、意味解析、文書要約、対話)、機械学習(深層学習、半教師あり学習)、ウェブマイニング(情報抽出、頑健な要素技術)

今後の予定

  • 言語処理学会第25回年次大会にて、下記の11件の発表をします。
    • 3月14日 10:20-11:50
      • 山岸駿秀, 小町守. 目的言語側の文間文脈を考慮した文脈つきニューラル機械翻訳. 言語処理学会第25回年次大会.
      • 金子正弘, 小町守. 深層言語表現モデルに対するマルチヘッド・多層アテンションによる英語文法誤り検出. 言語処理学会第25回年次大会.
    • 3月14日 13:00-14:30
      • 嶋中宏希, 梶原智之(大阪大学/首都大), 小町守. BERTを用いた機械翻訳の自動評価. 言語処理学会第25回年次大会.
      • 甫立健悟, 金子正弘, 勝又智, 小町守. 文法誤り訂正における単語編集率を用いた訂正度の制御. 言語処理学会第25回年次大会.
    • 3月15日 10:40-12:10
      • 勝又智, 小町守, 真鍋章(富士電機), 大頭威(富士電機), 嶋﨑優子(富士電機). node2vecを用いた障害レポートにおける故障原因推定. 言語処理学会第25回年次大会.
      • 長我部恭行, 甲斐優人, 石井奏人, 荻野天翔, 黒澤道希, 小町守. 機械翻訳に対する文間文脈を考慮した評価と分析. 言語処理学会第25回年次大会.
      • 吉村綾馬, 松村雪桜, 山岸駿秀, 小町守. 機械翻訳の自動評価のための擬似参照訳作成. 言語処理学会第25回年次大会.
      • 新井美桜, 金子正弘, 小町守. 日本語学習者向けの文法誤り検出機能付き誤用例文検索システム. 言語処理学会第25回年次大会.
      • 平澤寅庄, 山岸駿秀, 松村雪桜, 小町守. 事前学習した単語分散表現を利用したマルチモーダル機械翻訳. 言語処理学会第25回年次大会.
    • 3月15日 13:10-14:40
      • 大森光, 小町守. マルチタスク学習を用いたニューラル文内述語項構造解析. 言語処理学会第25回年次大会.
      • 勝又智, 小町守. 教師なし文法誤り訂正. 言語処理学会第25回年次大会.

ニュース

  • 2018/12/27 フォーサイトの AI 講座で自然言語処理入門についての講義を公開しました(プレスリリース)。YouTube で無料で視聴できます。
  • 2018/12/02 The Third Workshop on Asian Translation にて以下の研究を発表しました。The 32nd Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation (PACLIC 32) と同時開催でした。
    • Yukio MatsumuraSatoru KatsumataMamoru KomachiTMU Japanese--English Neural Machine Translation System using Generative Adversarial Network for WAT 2018. WAT 2018.
    • Longtu ZhangYuting ZhaoMamoru KomachiTMU Japanese-Chinese Unsupervised NMT System for WAT 2018 Translation Task. WAT 2018.
  • 2018/11/18 言語処理学会主催 言語処理技術セミナー を開催しました。
  • 2018/10/25 さくらサイエンスプログラムでフィリピンからの訪問学生15人を相手に Introduction to Natural Language Processing というトークをしました。
  • 2018/10/17 新しいメンバーの歓迎会を行いました。
    • 研究生: 王 鴻飛
    • 交換留学生: Simone Castrovillari
    • 研究室インターンシップ (B3): 石井 奏人, 荻野 天翔, 長我部 恭行, 甲斐 優人
  • 2018/10/03 SD フォーラムにして、機械翻訳に関する特別講演「言語はなぜ人工知能の問題になるのか」を行いました。
  • 2018/10/01 以下の論文を公開しました。
    • Tomonori Kodaira and Mamoru Komachi. The Rule of Three: Abstractive Text Summarization in Three Bullet Points. In arXiv e-prints, 1809.10867 (9 pages). September 2018. (PDF)
    • Longtu Zhang and Mamoru Komachi. Neural Machine Translation of Logographic Language Using Sub-character Level Information. In arXiv e-prints, 1809.02694 (9 pages). September 2018. (PDF)
  • 2018/09/15 羽村市生涯学習センターゆとろぎ先端テクノロジー講座にて「ここまできた機械翻訳!ことばの壁を乗り越える」という招待講演をしました。
  • 2019/09/02 the 32nd Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation (PACLIC 32) に以下の3件の発表が採択されました。
    1. Yoshiaki Kitagawa and Mamoru Komachi. Long Short-Term Memory for Japanese Word Segmentation. In Proceedings of the 32nd Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation. Hong Kong. December 1-3, 2018. (accepted, oral, 採択率32%)
    2. Ryosuke Miyazaki and Mamoru Komachi. Japanese Sentiment Classification using a Tree-Structured Long Short-Term Memory with Attention. In Proceedings of the 32nd Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation. Hong Kong. December 1-3, 2018. (accepted, poster)
    3. Tomonori Kodaira and Mamoru Komachi. The Rule of Three: Abstractive Text Summarization in Three Bullet Points. In Proceedings of the 32nd Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation. Hong Kong. December 1-3, 2018. (accepted, poster)
  • 2018/08/27 人工知能セミナー「画像・音声・テキスト処理におけるGenerative Adversarial Networkの応用」にて言語処理における GAN の展開というトークをしました。
  • 2018/08/27-30 NLP 若手の会第13回シンポジウム (YANS) にて以下の発表をしました。
    • 吉村綾馬, 松村雪桜, 山岸駿秀, 小町守. 機械翻訳の自動評価のためのN-bestを用いたマルチリファレンス作成手法の提案. NLP 若手の会第13回シンポジウム. August 27, 2018.
    • 嶋中宏希, 梶原智之(阪大), 小町守. RUSE: 文の分散表現を用いた回帰モデルによる機械翻訳の自動評価. NLP 若手の会第13回シンポジウム. August 28, 2018.
    • 金子正弘, Imankulova Aizhan, 小町守. 転移学習を用いてコンテキストを考慮した系列変換タスクにおけるリランキング. NLP 若手の会第13回シンポジウム. August 28, 2018.
    • 黒澤道希, 小町守. ニューラル機械翻訳に対する言語モデルの導入に関する検討. NLP 若手の会第13回シンポジウム. August 28, 2018.
    • 甫立健悟, 松村雪桜, 勝又智, 金子正弘, 小町守. 敵対的生成ネットワークを用いた文法誤り訂正. NLP 若手の会第13回シンポジウム. August 28, 2018.
    • 平澤寅庄, 松村雪桜, 山岸駿秀, 小町守. 画像から抽出した複数種の特徴量を組み込んだニューラル機械翻訳の検討. NLP 若手の会第13回シンポジウム. August 29, 2018.
    • 松村雪桜, 小町守. 敵対的生成ネットワークを用いた機械翻訳の評価における分野依存性の分析. NLP 若手の会第13回シンポジウム. August 29, 2018.
  • 2018/08/20 機械翻訳に関する国際会議 Conference on Machine Translation (WMT18) にて以下の2件の発表が採択されました。
    • Longtu Zhang and Mamoru Komachi. Neural Machine Translation of Logographic Language Using Sub-character Level Information. In Proceedings of the Third Conference on Machine Translation. Brussels, Belgium. October 31-November 1, 2018. (acceptance rate: 28.7%)
    • Hiroki Shimanaka, Tomoyuki Kajiwara and Mamoru Komachi. RUSE: Regressor Using Sentence Embeddings for Automatic Machine Translation Evaluation. In Proceedings of the Third Conference on Machine Translation. Brussels, Belgium. October 31-November 1, 2018.
  • 2018/08/06-08 都立高校生向けの理数研究ラボにて3日間のニューラル機械翻訳の実験を行いました。Google Colaboratory にて体験できます。
  • 2018/07/18 自然言語処理のトップカンファレンス The 56th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics の Student Research Workshop にて以下の発表をしました。
    • Satoru Katsumata, Yukio Matsumura, Hayahide Yamagishi and Mamoru Komachi. Graph-based Filtering of Out-of-Vocabulary Words for Encoder-Decoder Model. In Proceedings of ACL 2018 Student Research Workshop. Melbourne, Australia. July 18, 2018. (acceptance rate: 39%)
  • 2018/07/06 宮城県立仙台第一高等学校の第2学年の校外研修で、6名の方々が研究室を訪れ、機械翻訳に関する説明・質疑・デモを行いました。
  • 2018/06/26 言語処理学会の論文誌に以下の論文の採録が決定しました。
    • 金子正弘, 堺澤勇也, 小町守. 正誤情報と文法誤りパターンを考慮した単語分散表現を用いた文法誤り検出. 自然言語処理, Vol.25, No.4. September, 2018.
  • 2018/06/05 The 13th Workshop on Innovative Use of NLP for Building Educational Applications (BEA 2018) の Shared Task on Second Language Acquisition ModelingShared Task on Complex Word Identification に参加しました。前者は英語とスペイン語のサブタスクで16チーム中4位、後者は12トラック中5トラックで1位となりました。
    • Masahiro Kaneko, Tomoyuki Kajiwara and Mamoru Komachi. TMU System for SLAM-2018. In Proceedings of The 13th Workshop on Innovative Use of NLP for Building Educational Applications (BEA 2018): Shared Task on Second Language Acquisition Modeling. June 5, 2018.
    • Tomoyuki Kajiwara and Mamoru Komachi. Complex Word Identification Based on Frequency in a Learner Corpus. In Proceedings of The 13th Workshop on Innovative Use of NLP for Building Educational Applications (BEA 2018): Shared Task on Complex Word Identification. June 5, 2018.
  • 2018/06/02 自然言語処理のメジャーカンファレンス The 16th Annual Conference of the North American Chapter of the Association for Computational Linguistics: Human Language Technologies (NAACL HLT 2018) の Student Research Workshop にて、以下の2件の発表をしました。
    • Michiki Kurosawa, Yukio Matsumura, Hayahide Yamagishi and Mamoru Komachi. Japanese Predicate Conjugation for Neural Machine Translation. In Proceedings of NAACL 2018 Student Research Workshop. June 2, 2018. (acceptance rate: 39%)
    • Hiroki Shimanaka, Tomoyuki Kajiwara and Mamoru Komachi. Metric for Automatic Machine Translation Evaluation based on Universal Sentence Representations. In Proceedings of NAACL 2018 Student Research Workshop. June 2, 2018. (acceptance rate: 39%)
  • 2018/05/26 読売新聞の朝刊の「AIは友達」の記事に自然言語処理の専門家としてコメントしました。
  • 2018/05/10 読売新聞の夕刊の「都への質問回答シマス」の記事に自然言語処理の専門家としてコメントしました。
  • 2018/05/11 自然言語処理のトップカンファレンス、ACL の Student Research Workshop に以下の論文が採択されました! 採択率は40%です。
    • Satoru Katsumata, Yukio Matsumura, Hayahide Yamagishi and Mamoru Komachi. Graph-based Filtering of Out-of-Vocabulary Words for Encoder-Decoder Model. In Proceedings of ACL 2018 Student Research Workshop. Melbourne, Australia. July, 2018. (accepted)
  • 2018/04/29 昭和記念公園 BBQ ガーデンで新入生歓迎 BBQ を開催しました。OB 7名を含め、33人の参加がありました。今年もどうぞよろしくお願いします!
  • 2018/04/02 以下のメンバーが加わりました。研究室の学生数は28名(博士8名、修士16名、学部3名、研究生1名)になりました。
    • 研究生: 平澤 寅庄
    • 学部4年: 甫立 健悟、本間 広樹、吉村 綾馬(研究室インターンシップを経て配属)
    • 修士1年: 趙 宇婷、李 凡、新井 美桜(研究生から進学)、白井 稔久(内部進学)、黒澤 道希(内部進学)、嶋中 宏希(内部進学)、勝又 智(内部進学)
    • 博士1年: 安道 健一郎、高橋 啓吾、陈 宙斯(研究生から進学)、金子 正弘(内部進学)
サブページ (1): 過去のニュース