研究室の活動‎ > ‎論文紹介‎ > ‎

NAACL2018

日時

5-8月の木曜日の10:30-12:00

時間 担当 論文名
05/31
Longtu Improving Neural Machine Translation with Conditional Sequence Generative Adversarial Nets
Zhen Yang, Wei Chen, Feng Wang and Bo Xu
05/31
尾形 Natural Language Generation byHierarchical Decoding with Linguistic Patterns [slide]
Shang-Yu Su, Kai-Ling Lo, Yi-Ting Yeh, Yun-Nung Chen
05/31大森SRL4ORL: Improving Opinion Role Labeling using Multi-task Learning with Semantic Role Labeling
Ana Marasović, Anette Frank
06/21 竹中 Factors Influencing the Surprising Instability of Word Embeddings
Laura Wendlandt, Jonathan K. Kummerfeld and Rada Mihalcea
06/21
勝又
Guiding Neural Machine Translation with Retrieved Translation Pieces
Jingyi Zhang, Masao Utiyama, Eiichro Sumita, Graham Neubig and Satoshi Nakamura
06/21金子
Zero-shot Sequence Labeling: Transferring Knowledge from Sentences to Tokens [slide]
Marek Rei and Anders Søgaard
06/28


06/28
安道

06/28
黒澤
 
07/05
山岸
07/05
白井なる

07/05嶋中
 
07/12 新井

07/12 甫立

07/12
本間
 
07/19
吉村

07/19

07/19

 
07/26 平沢

07/26

07/26
  
08/02
白井り

08/02
大崎

08/02
松村
 

形式

  • 10枚程度のスライドを作成し、要点を説明する。1人の持ち時間は30分。
  • 発表に用いたスライドは Slideshare や Speakerdeck 等で公開する。

注意点

  • 各自その年のトレンドをざっと知るために全体のタイトルやアブストラクトを斜め読みすることも目的の一つなので、発表する論文が決まったら終わりだと思わず全体を眺める。
  • 一つの論文を紹介するためにその論文だけ読めばいい、ということは稀なので、関連する論文も読んで紹介する(特に、先行研究の手法を発展させたような手法の場合)。
  • long paper より short paper の方が分量が短く読みやすい印象を受けるかもしれないが、短くするために他の論文を参照して記述を省略していることがあるので、かえって読みにくい場合がある。
  • 論文の main contribution は何か、ということが分かるように説明する。(参考)高速で論文がバリバリ読める落合先生のフォーマットがいい感じだったのでメモ

参加者

  • Longtu
  • 金子
  • 安道
  • (高橋)
  • 尾形
  • 大崎
  • 山岸
  • 大森
  • 松村
  • 白井り
  • 竹中
  • 勝又
  • 黒澤
  • 白井なる
  • 嶋中
  • 新井
  • 甫立
  • 本間
  • 吉村
  • 平沢

参考

リンク集

過去の読み会

Comments