論文紹介

毎週担当を決め、サーベイ報告、論文紹介などを行ないます。

基本的に ACL, NAACL, EMNLP, COLING, IJCNLP, LREC などの自然言語処理に関する国際会議(自然言語処理の国際会議のランキング)、あるいは NIPS, ICML, UAI, ECML/PKDD などの機械学習に関する国際会議(機械学習の国際会議のランキング)、あるいは KDD, ICDM, CIKM, SDM などのデータマイニングに関する国際会議(データマイニングの国際会議のランキング)、あるいは ICASSP, Interspeech などの音声言語処理に関する国際会議、あるいは SIGIR, WWW, WSDM などの情報検索・ウェブマイニングに関する国際会議(情報検索の国際会議のランキング)、あるいは AAAI, IJCAI などの人工知能に関する国際会議(人工知能の国際会議のランキング)の論文を選び、精読していきます。

(2014年度後期から)「クリティーク」という、発表者の発表に対して批判的にコメントする人を事前に指名することとします。「クリティーク」の人も事前に論文を読んで準備する必要があるため、原則発表の1週間前まで(遅くとも3日前まで)に、紹介する論文(と入手方法)を発表者の人はアナウンスしてください。

(2016年度から)古典の論文を読む会と最先端の論文を読む会を分けました。古典の論文とは10年以上の論文で、最先端の論文とはそれ以降の論文です。古典の論文のみクリティークを設けます。

(2017年度から)最先端の論文を読む会はスライドを用いて複数人がそれぞれ30分程度で内容を紹介する「読み会」形式で統一することにしました。

リソース

メンバー

  • 梶原(5月まで)
  • 鈴木
  • アイジャン
  • Longtu
  • 小平
  • 塩田
  • 関沢
  • 金子
  • 大崎
  • 大森
  • 尾形
  • 松村
  • 山岸

スケジュール

論文読み会

古典NLP勉強会

日時 担当クリティーク 論文
5/11
10:35-12:22
小平
塩田
Sentence Compression Beyond Word DeletionTrevor Cohn and Mirella Lapata, (Coling 2008)
5/18
10:35-12:20
関沢
山岸
Improved Statistical Machine Translation Using Paraphrases
Chris Callison-Burch, Philipp Koehn, Miles Osborne (NAACL 2006)
5/25
10:30-12:18
金子
Aizhan
GenERRate: Generating Errors for Use in Grammatical Error Detection
Jennifer Foster, Øistein E. Andersen (NAACL 2009)
6/01
10:33-12:40
松村
尾形
Predicting Success in Machine Translation
Alexandra Birch; Miles Osborne; Philipp Koehn (EMNLP 2008)
6/08
10:30-12:40
塩田
大森
N-gram-based Author Profiles for Authorship Attribution
Vlado Keselj, Fuchun Peng, Nick Cercone, Calvin Thomas (PACLING 2003)
6/15
10:30-12:40
山岸
大崎
Statistical Phrase-Based Translation
Philipp Koehn; Franz J. Och; Daniel Marcu (NAACL 2003)
6/22
10:30-12:00
Aizhan 鈴木Factored Translation Models
Philipp Koehn and Hieu Hoang (EMNLP 2007)
6/29
10:30-12:30
尾形
Longtu
Natural Language Generation as Planning Under Uncertainty for Spoken Dialogue Systems
Verena Rieser; Oliver Lemon (EACL 2009)
7/06
10:30-12:49
大森
小平
Supervised Models for Coreference Resolution
Altaf Rahman; Vincent Ng (EMNLP 2009)
7/13
10:30-12:50
大崎
関沢
Applying Conditional Random Fields to Japanese Morphological Analysis
Taku Kudo; Kaoru Yamamoto; Yuji Matsumoto (EMNLP 2004)
7/20
10:30-


NL研のためお休み
7/27 10:30-12:30 鈴木
金子
Re-evaluating the Role of BLEU in Machine Translation Research
Chris Callison-Burch Miles Osborne Philipp Koehn (EACL 2006)
8/03 10:30-12:00 Longtu
松村 Automatic Labeling of Semantic Roles
Daniel Gildea; Daniel Jurafsky (ACL 2000)