研究室の活動‎ > ‎論文紹介‎ > ‎

EMNLP2018

日時

12-2月の月曜日の13:00-16:10

M2 の人は希望者が随時入ってください。

時間 担当 論文名
12/03 勝又
Understanding Back-Translation at Scale [slide]
Sergey Edunov, Myle Ott, Michael Auli, David Grangier
12/10 平澤 MultiWOZ - A Large-Scale Multi-Domain Wizard-of-Oz Dataset for Task-Oriented Dialogue Modelling [slide]
Paweł Budzianowski | Tsung-Hsien Wen | Bo-Hsiang Tseng | Iñigo Casanueva | Stefan Ultes | Osman 
12/10 稔久Wronging a Right: Generating Better Errors to Improve Grammatical Error Detection
Sudhanshu Kasewa, Pontus Stanetorp and Sebastian Riedel
12/10 ACL 2018 読み会(安道)
12/17 本間
12/17 Contextual Parameter Generation forUniversal Neural Machine Translation
Emmanouil Antonios Platanios, Mrinmaya Sachan, Graham Neubig, Tom M. Mitchell
12/17

01/07 アイジャン
01/07 新井
01/07 安道
01/21 吉村
01/21 Longtu
01/21 竹中 Spherical Latent Spaces for Stable Variational Autoencoders, Xu and Durrett or 
Noise Contrastive Estimation and Negative Sampling for Conditional Models: Consistency and Statistical Efficiency, Ma and Collins
01/28 嶋中
01/28 黒澤
01/28甫立 Neural Quality Estimation of Grammatical Error Correction
Shamil Chollampatt and Hwee Tou Ng

形式

  • 10枚程度のスライドを作成し、要点を説明する。1人の持ち時間は30分。
  • 発表に用いたスライドは Slideshare や Speakerdeck 等で公開する。

注意点

  • 各自その年のトレンドをざっと知るために全体のタイトルやアブストラクトを斜め読みすることも目的の一つなので、発表する論文が決まったら終わりだと思わず全体を眺める。
  • 一つの論文を紹介するためにその論文だけ読めばいい、ということは稀なので、関連する論文も読んで紹介する(特に、先行研究の手法を発展させたような手法の場合)。
  • long paper より short paper の方が分量が短く読みやすい印象を受けるかもしれないが、短くするために他の論文を参照して記述を省略していることがあるので、かえって読みにくい場合がある。
  • 論文の main contribution は何か、ということが分かるように説明する。(参考)高速で論文がバリバリ読める落合先生のフォーマットがいい感じだったのでメモ

参考

リンク集

過去の読み会

Comments