研究室の活動‎ > ‎論文紹介‎ > ‎

acl2018

日時

10-11月の月曜日の13:00-16:10

時間 担当 論文名
10/15 白井稔久
Building Language Models for Text with Named Entities
Md Rizwan Parvez, Saikat Chakraborty, Baishakhi Ray and Kai-Wei Chang
10/15Longtu
Back-Translation Sampling by Targeting Difficult Words in Neural Machine Translation
Marzieh Fadaee and Christof Monz
10/15勝又
On the Limitations of Unsupervised Bilingual Dictionary Induction [slide]
Anders Søgaard, Sebastian Ruder, Ivan Vulić
10/22大崎
 
10/22
Personalizing Lexical Simplification John Lee and Chak Yan Yeung
10/22本間
A Deep Relevance Model for Zero-Shot Document Filtering
Chenliang Li, Wei Zhou, Feng Ji, Yu Duan, Haiqing Chen
10/29
山岸
LSTMs Can Learn Syntax-Sensitive Dependencies Well, But Modeling Structure Makes Them Better
Adhiguna Kuncoro, Chris Dyer, John Hale, Dani Yogatama, Stephen Clark, and Phil Blunsom
or
Context-Aware Neural Machine Translation Learns Anaphora Resolution
Elena Voita, Pavel Serdyukov, Rico Sennrich, and Ivan Titov
10/29黒澤
 
10/29新井
 
11/05尾形
 
11/05アイジャン?
 
11/05
 
11/12安道
 
11/12吉村
 
11/12平澤
 
11/19竹中
Adversarial Contrastive Estimation. Avishek Joey Bose, huan ling, Yanshuai Cao.
11/19白井良介
 
11/19嶋中
Are BLEU and Meaning Representation in Opposition?
Ondrej Cıfka and Ondrej Bojar 
11/26
 
11/26甫立
 
11/26大森
 

形式

  • 10枚程度のスライドを作成し、要点を説明する。1人の持ち時間は30分。
  • 発表に用いたスライドは Slideshare や Speakerdeck 等で公開する。

注意点

  • 各自その年のトレンドをざっと知るために全体のタイトルやアブストラクトを斜め読みすることも目的の一つなので、発表する論文が決まったら終わりだと思わず全体を眺める。
  • 一つの論文を紹介するためにその論文だけ読めばいい、ということは稀なので、関連する論文も読んで紹介する(特に、先行研究の手法を発展させたような手法の場合)。
  • long paper より short paper の方が分量が短く読みやすい印象を受けるかもしれないが、短くするために他の論文を参照して記述を省略していることがあるので、かえって読みにくい場合がある。
  • 論文の main contribution は何か、ということが分かるように説明する。(参考)高速で論文がバリバリ読める落合先生のフォーマットがいい感じだったのでメモ

参考

リンク集

過去の読み会

Comments