ホーム

首都大学東京システムデザイン学部情報科学科 (首都大学東京大学院システムデザイン研究科情報科学域)人工知能・自然言語処理分野、自然言語処理研究室(小町研)のウェブサイトです。小町研では、多言語コミュニケーションを支援するために、コンピュータを用いて人間のことばを理解・解析する手法の研究をしています。西東京に自然言語処理の研究開発拠点を作ることを目指しています。

キーワード: 自然言語処理 (機械翻訳、言語学習支援、意味解析、文書要約、対話)、機械学習(深層学習、半教師あり学習)、ウェブマイニング(情報抽出、頑健な要素技術)

今後の予定

  • 2019/05/24 情報処理学会第240回自然言語処理研究会にて以下の発表を予定しています。
    • 2019/06/13 安道 健一郎(首都大学東京/理化学研究所 革新知能統合研究センター), 奥村 貴史(北見工業大学/理化学研究所 革新知能統合研究センター), 小町 守(首都大学東京), 松本 裕治(奈良先端科学技術大学院大学/理化学研究所 革新知能統合研究センター). 確信度に基づく退院時サマリの分析. 情報処理学会第240回自然言語処理研究会.
    • 2019/06/14 黒澤 道希, 小町 守. ニューラル機械翻訳に対する注意言語モデル. 情報処理学会第240回自然言語処理研究会.

ニュース

  • 2019/06/08 自然言語処理のトップカンファレンス The 57th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics (ACL) および連続開催されるワークショップにて、以下の7件の発表が採択されました。
    • Masahiro Kaneko and Danushka Bollegala. Gender-preserving Debiasing for Pre-trained Word Embeddings. In Proceedings of the 57th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics (ACL 2019). July, 2019. (full paper)
    • Mio Arai, Tomonori Kodaira and Mamoru Komachi. Sakura: Large-scale Incorrect Example Retrieval System for Learners of Japanese as a Second Language. In The 57th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics (ACL 2019): System Demonstrations. July, 2019.
    • Kengo Hotate, Masahiro Kaneko, Satoru Katsumata and Mamoru Komachi. Controlling Grammatical Error Correction Using Word Edit Rate. In The 2019 ACL Student Research Workshop (SRW). July, 2019.
    • Mio Arai, Masahiro Kaneko and Mamoru Komachi. Grammatical-Error-Aware Incorrect Example Retrieval System for Learners of Japanese as a Second Language. In 14th Workshop on Innovative Use of NLP for Building Educational Applications  (BEA 14). August 2, 2019. (full paper)
    • Satoru Katsumata and Mamoru Komachi. (Almost) Unsupervised Grammatical Error Correction using Synthetic Comparable Corpus. In 14th Workshop on Innovative Use of NLP for Building Educational Applications  (BEA 14): Shared Task. August 2, 2019.
    • Masahiro Kaneko, Kengo Hotate, Satoru Katsumata and Mamoru Komachi. TMU Transformer System Using BERT for Re-ranking at BEA 2019 Grammatical Error Correction on Restricted Track. In 14th Workshop on Innovative Use of NLP for Building Educational Applications  (BEA 14): Shared Task. August 2, 2019.
    • Ryoma Yoshimura, Hiroki Shimanaka, Yukio Matsumura, Hayahide Yamagishi, Mamoru Komachi. Filtering Pseudo-References by Paraphrasing for Automatic Evaluation of Machine Translation. In Fourth Conference on Machine Translation (WMT19) Shared Task: Metrics. August 1-2, 2019.
  • 2019/06/08 2019年度人工知能学会全国大会にて以下の発表をしました。
    • 白井 稔久, 萩行 正嗣(株式会社ウェザーニュース), 小町 守. 擬似誤りコーパスを用いた天気予報原稿のニューラル誤り検出. 2019年度人工知能学会全国大会. June 6, 2019.(ポスター)
    • Yuting Zhao, Longtu Zhang, Mamoru Komachi. Application of Unsupervised NMT Technique to Japanese--Chinese Machine Translation. The 33rd Annual Conference of the Japanese Society for Artificial Intelligence. June 6, 2019. (oral)
    • 本間 広樹, 山岸 駿秀, 松村 雪桜, 小町 守. ニューラル機械翻訳におけるコーパスフィルタリングに関する固有表現に注目した分析. 2019年度人工知能学会全国大会. June 7, 2019.(ポスター)
    • 高橋 啓吾, 大森 光, 小町 守. Pointer Networksを用いた文内述語項構造解析. 2019年度人工知能学会全国大会. June 7, 2019.(ポスター)
  • 2019/05/21 Machine Translation Summit 2019 に以下の2本の論文が採択されました。
    • Tosho Hirasawa and Mamoru Komachi. Debiasing Word Embeddings Improves Multimodal Machine Translation. In Proceedings of the 17th Machine Translation Summit (MT Summit 2019). August, 2019.
    • Aizhan Imankulova, Raj Dabre, Atsushi Fujita, and Kenji Imamura. Exploiting Out-of-Domain Parallel Data through Multilingual Transfer Learning for Low-Resource Neural Machine Translation. In Proceedings of the 17th Machine Translation Summit (MT Summit 2019), August, 2019.
  • 2019/04/13 昭和記念公園内 BBQ ガーデンにて新入生歓迎 BBQ を行いました。40人を超える参加があり、大にぎわいでした。
  • 2019/03/28 首都大学東京新入生歓迎会(システムデザイン学部・健康福祉学部対象)で3月28日に講演を行いました。
  • 2019/03/16 自然言語処理のメジャー国際会議 NAACL の学生セッションである NAACL Student Research Workshop (SRW) 2019 に論文が採択されました。
    • Tosho Hirasawa, Hayahide Yamagishi, Yukio Matsumura, Mamoru Komachi. Multimodal Machine Translation with Embedding Prediction. In NAACL Student Research Workshop (SRW) 2019. June,  2019.
  • 2019/03/15 20th International Conference on Computational Linguistics and Intelligent Text Processing (CICLing 2019) に論文が採択されました。
    • Masahiro Kaneko and Mamoru Komachi. Multi-Head Multi-Layer Attention to Deep Language Representations for Grammatical Error Detection. In 20th International Conference on Computational Linguistics and Intelligent Text Processing (CICLing). April, 2019. (poster)
  • 2019/03/15 2018年度の言語処理学会最優秀論文賞と若手奨励賞を受賞しました。
    • 梶原智之, 小町守. 平易なコーパスを用いないテキスト平易化. 自然言語処理, Vol.25, No.2, pp.223-249. March, 2018.(2018年度最優秀論文賞)
    • 大森光.マルチタスク学習を用いたニューラル文内述語項構造解析. 言語処理学会第25回年次大会. March 15, 2019.(若手奨励賞)
  • 2019/03/15 言語処理学会第25回年次大会にて、下記の11件の発表をしました。
    • 山岸駿秀, 小町守. 目的言語側の文間文脈を考慮した文脈つきニューラル機械翻訳. 言語処理学会第25回年次大会. March 14, 2019.
    • 金子正弘, 小町守. 深層言語表現モデルに対するマルチヘッド・多層アテンションによる英語文法誤り検出. 言語処理学会第25回年次大会. March 14, 2019.
    • 嶋中宏希, 梶原智之(大阪大学/首都大), 小町守. BERTを用いた機械翻訳の自動評価. 言語処理学会第25回年次大会. March 14, 2019.
    • 甫立健悟, 金子正弘, 勝又智, 小町守. 文法誤り訂正における単語編集率を用いた訂正度の制御. 言語処理学会第25回年次大会. March 14, 2019.
    • 勝又智, 小町守, 真鍋章(富士電機), 大頭威(富士電機), 嶋﨑優子(富士電機). node2vecを用いた障害レポートにおける故障原因推定. 言語処理学会第25回年次大会. March 14, 2019.
    • 長我部恭行, 甲斐優人, 石井奏人, 荻野 天翔, 黒澤道希, 小町守. 機械翻訳に対する文間文脈を考慮した評価と分析. 言語処理学会第25回年次大会. March 14, 2019.
    • 吉村綾馬, 松村雪桜, 山岸駿秀, 小町守. 機械翻訳の自動評価のための擬似参照訳作成. 言語処理学会第25回年次大会. March 15, 2019.
    • 新井美桜, 金子正弘, 小町守. 日本語学習者向けの文法誤り検出機能付き誤用例文検索システム. 言語処理学会第25回年次大会. March 15, 2019.
    • 平澤寅庄, 山岸駿秀, 松村雪桜, 小町守. 事前学習した単語分散表現を利用したマルチモーダル機械翻訳. 言語処理学会第25回年次大会. March 15, 2019.
    • 大森光, 小町守. マルチタスク学習を用いたニューラル文内述語項構造解析. 言語処理学会第25回年次大会. March 15, 2019. (若手奨励賞)
    • 勝又智, 小町守. 教師なし文法誤り訂正. 言語処理学会第25回年次大会. March 15, 2019.
  • 2019/03/14 情報処理学会第81回全国大会にて、下記の発表をし、「ワークライフバランス伝道師 やさしい育児部門」として認定されました。
  • 2019/03/10 全脳アーキテクチャ若手の会 第39回勉強会 自然言語処理の最先端 にて、下記の招待講演をしました。
    • 小町守. 深層言語表現モデルと自然言語処理の未来. 全脳アーキテクチャ若手の会 第39回勉強会.
  • 2019/03/04 arXiv にて以下の2本の論文を公開しました。
    • Longtu Zhang and Mamoru Komachi. Chinese-Japanese Unsupervised Neural Machine Translation Using Sub-character Level Information. In arXiv e-prints, 1903.00149 (5 pages). March 2019.
    • Tomoya Ogata, Mamoru Komachi and Tomoya Takatani (Toyota Mortor Corporation). Divide and Generate: Neural Generation of Complex Sentences. In arXiv e-prints, 1901.10196 (6 pages). January 2019.
  • 2019/03/01 自然言語処理のメジャー国際会議の一つ、2019 Annual Conference of the North American Chapter of the Association for Computational Linguistics にて下記の論文が採択されました。
    • Hikaru Omori and Mamoru Komachi. Multi-Task Learning for Japanese Predicate Argument Structure Analysis. NAACL-HLT 2019. (full paper)
    • Masato Mita, Tomoya Mizumoto, Masahiro Kaneko, Ryo Nagata and Kentaro Inui. Cross-Corpora Evaluation and Analysis of Grammatical Error Correction Models — Is Single-Corpus Evaluation Enough? NAACL-HLT 2019. (short paper)
サブページ (1): 過去のニュース