ホーム

首都大学東京システムデザイン学部 (首都大学東京大学院システムデザイン研究科)自然言語処理研究室(小町研)のウェブサイトです。小町研では、多言語コミュニケーションを支援するために、コンピュータを用いて人間のことばを解析する手法の研究をしています。(西)東京に自然言語処理の研究開発拠点を作ることを目指しています。

キーワード: 自然言語処理 (機械翻訳、言語学習支援、情報抽出、意味解析)、ウェブマイニング、機械学習(深層学習)

今後の予定

ニュース

  • 2017/03/16 以下の研究が言語処理学会第23回年次大会若手奨励賞を受賞しました!
    • 金子正弘. 英語学習者の文法誤りパターンと正誤情報を考慮した単語分散表現学習.
  • 2017/03/16 言語処理学会第23回年次大会にて、以下のポスター発表を行いました。
    • 3月14日
      • 小平知範, 宮崎亮輔, 小町守. 障害情報レポートに対する同時関連文章圧縮. 言語処理学会第23回年次大会. March 2017.
      • Imankulova Aizhan, 佐藤貴之, 小町守. 逆翻訳による高品質な大規模擬似対訳コーパスの作成. 言語処理学会第23回年次大会. March 2017.
    • 3月15日
      • 梶原智之, 小町守. Simple PPDB: Japanese. 言語処理学会第23回年次大会. March 2017.
      • 鈴木由衣, 梶原智之, 小町守. 複数の機械翻訳を用いた言い換え認識の評価用コーパス構築に向けて. 言語処理学会第23回年次大会. March 2017.
      • 尾形朋哉, 叶内晨, 高谷智哉, 小町守. キーワードに基づくニューラル文生成のためのリランキング. 言語処理学会第23回年次大会. March 2017.
      • 金子正弘, 堺澤勇也, 小町守. 英語学習者の文法誤りパターンと正誤情報を考慮した単語分散表現学習. 言語処理学会第23回年次大会. March 2017.(若手奨励賞ノミネート)
    • 3月16日
      • 叶内晨, 尾形朋哉, 金子正弘, 河村綾菜, 北川善彬, 黒田紘司, 齋藤宏行, 山本豊, 小町守. ゲーミフィケーションを利用した対話ログ収集における応答文の改善と対話ログの解析. 言語処理学会第23回年次大会. March 2017.
      • 関沢祐樹, 梶原智之, 小町守. 目的言語の低頻度語の高頻度語への言い換えによるニューラル機械翻訳の改善. 言語処理学会第23回年次大会. March 2017.
      • 松村雪桜, 佐藤貴之, 小町守. 逆翻訳によるニューラル機械翻訳の最適化. 言語処理学会第23回年次大会. March 2017.(若手奨励賞ノミネート)
      • 山岸駿秀, 叶内晨, 佐藤貴之, 小町守ニューラル日英翻訳における出力文の態制御. 言語処理学会第23回年次大会. March 2017.
  • 2016/12/22 以下の研究が情報処理学会第229回自然言語処理研究会優秀研究賞を受賞しました!
    • 梶原智之, 小町守. 平易なコーパスを用いないテキスト平易化のための単言語パラレルコーパスの構築. 情報処理学会第229回自然言語処理研究会. Vol.2016-NL-229, No.13, pp.1-8. December 2016.
  • 2016/12/21 12月21, 22日に開催予定の第3回自然言語処理シンポジウムにおいて、以下の発表をしました。
    • 叶内晨, 小町守. ゲーミフィケーションを利用した効率的な対話ログ収集の試み. 電子情報通信学会 言語理解とコミュニケーション研究会.
    • 梶原智之, 小町守. 平易なコーパスを用いないテキスト平易化のための単言語パラレルコーパスの構築. 情報処理学会 自然言語処理研究会.
    • 松尾潤樹, 小町守, 須藤克仁. 単語分散表現を用いた単語アライメントによる日英機械翻訳の自動評価尺度. 情報処理学会 自然言語処理研究会.
  • 2016/12/20 NAIST の三浦明波さんに「機械翻訳における少資源言語対への取り組み (Dealing with Low-Resourced Language Pairs in SMT)」というトークをしていただきました。
  • 2016/12/19 12月に開催される COLING 2016 のワークショップで以下の発表をしました。
    • Yasunobu Asakura, Masatsugu Hangyo (Weathernews) and Mamoru Komachi. Disaster Analysis using User-Generated Weather Report. The 2nd Workshop on Noisy User-generated Text. (oral)
    • Takayuki Sato, Jun Harashima (Cookpad) and Mamoru Komachi. Japanese-English Machine Translation of Recipe Texts. The 3rd Workshop on Asian Translation (WAT): Research papers (oral).
    • Shin Kanouchi, Katsuhito Sudoh (NTT) and Mamoru Komachi. Neural Reordering Model Considering Phrase Translation and Word Alignment for Phrase-based Translation. The 3rd Workshop on Asian Translation (WAT): Research papers (poster).
    • Hayahide Yamagishi, Shin Kanouchi, Takayuki Sato and Mamoru Komachi. Controlling the Voice of a Sentence in Japanese-to-English Neural Machine Translation. The 3rd Workshop on Asian Translation (WAT): System description papers (poster).
  • 2016/10/06 Duolingo の萩原正人さんに「Duolingoの大規模データから導き出された効率的な言語習得法」というトークをしていただきました。
  • 2016/09/26 12月に開催される自然言語処理のメジャーカンファレンスの 26th International Conference on Computational Linguistics (COLING 2016) で以下の研究が採択されました!
    • Tomoyuki Kajiwara and Mamoru Komachi. Building a Monolingual Parallel Corpus for Text Simplification Using Sentence Similarity Based on Alignment between Word Embeddings. COLING 2016. (poster)
  • 2016/09/29 9月の29,30日に開催された情報処理学会第228回自然言語処理研究会にして下記の発表をしました。
    • 佐藤貴之, 原島純(クックパッド), 小町守. レシピに対する機械翻訳の誤り分析.
  • 2016/07/22 今年度は以下の B3 生が研究室インターンシップで仮配属されます。
    • 黒田紘司
    • 齋藤宏行
    • 山本豊
    • 河村綾菜
  • 2016/07/05 7月の29,30日に開催される情報処理学会第227回自然言語処理研究会にて2件の発表をしました。
    • 宮崎亮輔, 小町守. 極性辞書を利用した句構造による注意型ニューラル評価極性分類.
    • 梶原智之, 小町守. 単語分散表現のアライメントに基づく文間類似度を用いたテキスト平易化のための単言語パラレルコーパスの構築.
  • 2016/06/30 第71回人工知能セミナー「Deep Learning 技術の仕組みと自然言語処理への応用」にて「深層ニューラネルットワークを用いた日本語処理」というタイトルで講演しました。
  • 2016/05/27 The 54th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics: Student Research Workshop 2016 という自然言語処理のトップカンファレンスの学生セッションに、小平知範くん(M1)の研究が採録されました!
    • Tomonori Kodaira, Tomoyuki Kajiwara and Mamoru Komachi. Controlled and Balanced Dataset for Japanese Lexical Simplification. ACL SRW 2016. (to appear)
  • 2016/05/20 Microsoft Research Japan-Korea Academic Day 2016 にて、Neural Network for Robust Japanese Word Segmentation という研究プロジェクトについて紹介しました。これに関連して、北川善彬くん(M2)が Microsoft にてインターンシップをする予定です。
  • 2016/05/01 毎年恒例の新入生歓迎 BBQ@昭和記念公園が開催されました! OB/OG 含め30名近い参加があり、大いに盛り上がりました。
  • 2016/04/01 以下の新しいメンバーが加わりました。研究室の学生数は22名(博士3名、修士13名、学部5名、研究生1名)になりました。
    • 研究生: イマンクロヴァ・アイジャン(文部科学省国費留学生)
    • 学部4年: 尾形朋哉、大崎彩葉、山岸駿秀、大森光、松村雪桜
    • 修士1年: 金子正弘、栗生岳
    • 博士1年: 落合恵梨香(社会人)
サブページ (1): 過去のニュース