研究発表

2017年度

国際会議(査読あり)

  1. Yui Suzuki, Tomoyuki Kajiwara and Mamoru Komachi. Building a Non-Trivial Paraphrase Corpus using Multiple Machine Translation Systems. In ACL 2017 Student Research Workshop.  August 2017. (to appear)

その他

  1. Ryosuke Miyazaki and Mamoru Komachi. Japanese Sentiment Classification using a Tree-Structured Long Short-Term Memory with Attention. In arXiv e-prints, 1704.00924 (6 pages). April 2017. (paper, demo)
  2. Junki Matsuo, Mamoru Komachi and Katsuhito Sudoh. Word-Alignment-Based Segment-Level Machine Translation Evaluation using Word Embeddings. In arXiv e-prints, 1704.00380 (5 pages). April 2017. (paper)

研究会

  1. 大崎彩葉, 北川善彬, 小町守. 日本語 Twitter 文書を対象とした系列ラベリングによる表記正規化. 情報処理学会 自然言語処理研究会, Vol.2017-NL-231, No.12, pp.1-6. May 15, 2017.(口頭)
  2. 梶原智之, 小町守. Bilingual Pivoting による言い換え獲得の相互情報量に基づく一般化. 情報処理学会 自然言語処理研究会, Vol.2017-NL-231, No.21, pp.1-8. May 16, 2017.(口頭=情報処理学会第231回自然言語処理研究会・第116回音声情報処理研究会学生奨励賞受賞, データ

2016年度

国際会議(査読あり)

  1. Tomoyuki Kajiwara and Mamoru Komachi. Building a Monolingual Parallel Corpus for Text Simplification Using Sentence Similarity Based on Alignment between Word Embeddings. In Proceedings of the 26th International Conference on Computational Linguistics (COLING 2016), pp.1247-1258. Osaka, Japan, December 2016. (poster, paper, data)
  2. Yasunobu Asakura, Masatsugu Hangyo (Weathernews) and Mamoru Komachi. Disaster Analysis using User-Generated Weather Report. In Proceedings of The 2nd Workshop on Noisy User-generated Text, pp.83-91. Osaka, Japan, December 2016. (oral, paper)
  3. Takayuki Sato, Jun Harashima (Cookpad) and Mamoru Komachi. Japanese-English Machine Translation of Recipe Texts. In Proceedings of The 3rd Workshop on Asian Translation (WAT): Research papers, pp.58-67. Osaka, Japan, December 2016. (oral, paper, code, demo)
  4. Shin Kanouchi, Katsuhito Sudoh (NTT) and Mamoru Komachi. Neural Reordering Model Considering Phrase Translation and Word Alignment for Phrase-based Translation. In Proceedings of The 3rd Workshop on Asian Translation (WAT): Research papers, pp.94-103. Osaka, Japan, December 2016. (poster, paper, code)
  5. Tomonori Kodaira, Tomoyuki Kajiwara and Mamoru Komachi. Controlled and Balanced Dataset for Japanese Lexical Simplification. In Proceedings of the ACL 2016 Student Research Workshop, pp.1-7. Berlin, Germany, August 2016. (poster, paper, data)
  6. Ryuichi Tachibana and Mamoru Komachi. Extraction of English Spelling Errors using a Word Typing Game. In Proceedings of The 10th Edition of the Language Resources and Evaluation Conference (LREC), pp.385-390. Portorož, Slovenia, May 2016. (poster, paper, data)

国際会議(その他)

  1. Hayahide Yamagishi, Shin Kanouchi, Takayuki Sato and Mamoru Komachi. Controlling the Voice of a Sentence in Japanese-to-English Neural Machine Translation. In Proceedings of The 3rd Workshop on Asian Translation (WAT): System description papers, pp.203-210. Osaka, Japan, December 2016. (poster, paper)
  2. Zhang, Longtu. Short-long / Long-short Preferences in English/Japanese Processing Revisited. Young Researchers Symposium on Natural Language Processing. Osaka, Japan, December 2016. (poster)

その他

  1. Yuya Sakaizawa and Mamoru Komachi. Construction of a Japanese Word Similarity Dataset. In arXiv e-prints, 1703.05916 (5 pages). March 2017. (paper, data)
  2. Ai Hirata and Mamoru Komachi. Sparse Named Entity Classification using Factorization Machines. In arXiv e-prints, 1703.04879 (5 pages). March 2017. (paper)

研究会

  1. 叶内晨, 小町守. ゲーミフィケーションを利用した効率的な対話ログ収集の試み. 電子情報通信学会 言語理解とコミュニケーション研究会, 信学技報 NLC2016-30, pp.1-6. December 2016.(ポスター)
  2. 梶原智之, 小町守. 平易なコーパスを用いないテキスト平易化のための単言語パラレルコーパスの構築. 情報処理学会 自然言語処理研究会, Vol.2016-NL-229, No.13, pp.1-8. December 2016.(口頭=情報処理学会第229回自然言語処理研究会優秀研究賞受賞, paper
  3. 松尾潤樹, 小町守, 須藤克仁(NTT). 単語分散表現を用いた単語アライメントによる日英機械翻訳の自動評価尺度. 情報処理学会 自然言語処理研究会, Vol.2016-NL-229, No.20, pp.1-7. December 2016.(口頭)
  4. 佐藤貴之, 原島純(クックパッド), 小町守. レシピに対する日英機械翻訳の誤り分析. 情報処理学会研究報告, Vol.2016-NL-228, No.3, pp.1-9. September 2016.(口頭, ソース, デモ
  5. 宮崎亮輔, 小町守. 極性辞書を利用した句構造による注意型ニューラル評価極性分類. 情報処理学会研究報告, Vol.2016-NL-227, No.3, pp.1-10. July 2016.(口頭, デモ
  6. 梶原智之, 小町守. 単語分散表現のアライメントに基づく文間類似度を用いたテキスト平易化のための単言語パラレルコーパスの構築. 情報処理学会研究報告, Vol.2016-NL-227, No.12, pp.1-8. July 2016.(口頭, データ

全国大会

  1. 小平知範, 宮崎亮輔, 小町守. 障害情報レポートに対する同時関連文章圧縮. 言語処理学会第23回年次大会, pp.186-189. March 14, 2017.(ポスター, 予稿
  2. Imankulova Aizhan, 佐藤貴之, 小町守. 逆翻訳による高品質な大規模擬似対訳コーパスの作成. 言語処理学会第23回年次大会. March 14, 2017.(ポスター, 予稿, データ
  3. 梶原智之, 小町守. Simple PPDB: Japanese. 言語処理学会第23回年次大会, pp.210-213. March 15, 2017.(ポスター, 予稿, データ
  4. 鈴木由衣, 梶原智之, 小町守. 複数の機械翻訳を用いた言い換え認識の評価用コーパス構築に向けて. 言語処理学会第23回年次大会, pp.529-532. March 15, 2017.(ポスター, 予稿
  5. 尾形朋哉, 叶内晨, 高谷智哉, 小町守. キーワードに基づくニューラル文生成のためのリランキング. 言語処理学会第23回年次大会, pp.609-612. March 15, 2017.(ポスター, 予稿
  6. 金子正弘, 堺澤勇也, 小町守. 英語学習者の文法誤りパターンと正誤情報を考慮した単語分散表現学習. 言語処理学会第23回年次大会, pp.729-732. March 15, 2017.(若手奨励賞受賞)(ポスター, 予稿, コード
  7. 叶内晨, 尾形朋哉, 金子正弘, 河村綾菜, 北川善彬, 黒田紘司, 齋藤宏行, 山本豊, 小町守. ゲーミフィケーションを利用した対話ログ収集における応答文の改善と対話ログの解析. 言語処理学会第23回年次大会, pp.955-958. March 16, 2017.(ポスター, 予稿
  8. 関沢祐樹, 梶原智之, 小町守. 目的言語の低頻度語の高頻度語への言い換えによるニューラル機械翻訳の改善. 言語処理学会第23回年次大会, pp.982-985. March 16, 2017.(ポスター, 予稿
  9. 松村雪桜, 佐藤貴之, 小町守. 逆翻訳によるニューラル機械翻訳の最適化. 言語処理学会第23回年次大会, pp.986-989. March 16, 2017.(若手奨励賞ノミネート)(ポスター, 予稿
  10. 山岸駿秀, 叶内晨, 佐藤貴之, 小町守ニューラル日英翻訳における出力文の態制御. 言語処理学会第23回年次大会, pp.1065-1068. March 16, 2017.(ポスター, 予稿

シンポジウム等

  1. 鈴木由衣, 小町守. 学習者の振り返りから学習意欲を推定するタスクの提案. NLP若手の会(YANS)第11回シンポジウム. August 2016.(ポスター)
  2. 松村雪桜, 佐藤貴之, 叶内晨, 小町守. 文節へのアテンションを用いたニューラル日英翻訳. NLP若手の会(YANS)第11回シンポジウム. August 2016.(ポスター)
  3. 佐藤貴之, 原島純(クックパッド), 小町守. レシピ文における日英機械翻訳の誤り分析. NLP若手の会(YANS)第11回シンポジウム. August 2016.(ポスター)
  4. 大森光, 鈴木由衣, 宮崎亮輔, 小町守. レビュー記事と新聞記事における文単位の日本語評価極性分類の誤り分析. NLP若手の会(YANS)第11回シンポジウム. August 2016.(ポスター)
  5. 尾形朋哉, 叶内晨, 小町守. Pointer Networks による単語選択を利用したニューラル対話生成. NLP若手の会(YANS)第11回シンポジウム. August 2016.(ポスター)
  6. 梶原智之, 小町守. 文難易度と単語分散表現のアライメントに基づく文間類似度を用いたテキスト平易化のための単言語パラレルコーパスの構築. NLP若手の会(YANS)第11回シンポジウム. August 2016.(ポスター)
  7. 山岸駿秀, 佐藤貴之, 叶内晨, 小町守. ニューラル日英翻訳における態の制御. NLP若手の会(YANS)第11回シンポジウム. August 2016.(ポスター)

2015年度

学術論文誌

  1. 大山浩美(NAIST), 小町守, 松本裕治(NAIST). 日本語学習者の作文における誤用タイプの階層的アノテーションに基づく機械学習による自動分類. 自然言語処理, Vol.23, No.2, pp.195-225. March 2016.(論文
  2. 叶内晨, 北川善彬, 荒牧英治(NAIST), 岡崎直観(東北大), 小町守. Web情報からの罹患検出を対象とした事実性解析・主体解析の誤り分析. 自然言語処理, Vol.22, No.5, pp.363-395. December 2015.(論文

国際会議(査読あり)

  1. Peinan Zhang and Mamoru Komachi. Japanese Sentiment Classification with Stacked Denoising Auto-Encoder using Distributed Word Representation. In Proceedings of The 29th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation (PACLIC 29), pp.150-159. Shanghai, China, October 2015. (oral, paper, demo)
  2. Shin Kanouchi, Mamoru Komachi, Naoaki Okazaki (Tohoku University), Eiji ARAMAKI (Kyoto University) and Hiroshi Ishikawa. Who caught a cold? - Identifying the subject of a symptom. In Proceedings of the ACL-IJCNLP 2015 (long papers), pp.1660-1670. Beijing, China, July 2015. (oral, paper)
  3. Yoshiaki Kitagawa, Mamoru Komachi, Eiji ARAMAKI (Kyoto University), Naoaki Okazaki (Tohoku University), Hiroshi Ishikawa. Disease Event Detection based on Deep Modality Analysis. In Proceedings of the ACL-IJCNLP 2015 Student Research Workshop, pp.28-34. Beijing, China, July 2015. (oral/poster, paper)
  4. Tomoyuki Kajiwara (Nagaoka University of Technology) and Kazuhide Yamamoto (Nagaoka University of Technology). Evaluation Dataset and System for Japanese Lexical Simplification. In Proceedings of the ACL-IJCNLP 2015 Student Research Workshop, pp.35-40. Beijing, China, July 2015. (oral/poster, paper)

国際会議(その他)

  1. Junki Matsuo, Kenichi Ohwada and Mamoru Komachi. Source Phrase Segmentation and Translation for Japanese-English Translation Using Dependency Structure. In Proceedings of the 2nd Workshop on Asian Translation (WAT2015), pp.99-104. Kyoto, Japan, October 2015. (poster, paper)
  2. Yinchen Zhao, Mamoru Komachi and Hiroshi Ishikawa. Improving Chinese Grammatical Error Correction with Corpus Augmentation and Hierarchical Phrase-based Statistical Machine Translation. In Proceedings of the 2nd Workshop on Natural Language Processing Techniques for Educational Applications (NLP-TEA-2): Shared Task on Chinese Grammatical Error Diagnosis (CGED), pp.111-116. Beijing, China, July 2015. (poster, paper)

研究会

  1. 趙寅琛, 小町守, 石川博. 統計的機械翻訳を用いた中国語文法誤り訂正. 情報処理学会研究報告, Vol.2016-NL-225, No.6, pp.1-6. January 2016.(口頭)
  2. 塩田健人, 梶原智之, 小町守. 使用者数による語彙制限を用いた日本語学習者のための文章読解支援. 情報処理学会研究報告, Vol.2015-NL-224, No.6, pp.1-6. December 2015.(ポスター)
  3. 塘優旗, 小町守. 部分的アノテーションを利用した CRF による日本語学習者文の単語分割. 情報処理学会研究報告, Vol.2015-NL-223, No.2, pp.1-9. September 2015. (口頭)
  4. 張培楠, 小町守. 単語分散表現を用いた多層 Denoising Auto-Encoder による評価極性分類. 情報処理学会研究報告, Vol.2015-NL-222, No.6, pp.1-8. July 2015. (口頭, デモ
  5. 立花竜一, 小町守. 英単語タイピングゲームによるスペリング誤りの抽出と分析. 情報処理学会研究報告, Vol.2015-NL-222, No.10, pp.1-7. July 2015. (口頭, データ
  6. 岩倉友哉(富士通研究所), 平田亜衣, 立花竜一, 山崎舞子(東工大), 市原正陽(茨城大学), 古宮嘉那子(茨城大学). 複数ジャンルを対象とした基本固有表現タグ付きコーパスの作成. 情報処理学会研究報告, Vol.2015-NL-221, No.13, pp.1-5. May 2015.

全国大会

  1. 大崎彩葉, 唐口翔平, 大迫拓矢, 佐々木俊哉, 北川善彬, 堺澤勇也, 小町守. Twitter 日本語形態素解析のためのコーパス構築. 言語処理学会第22回年次大会, pp.16-19. March 2016.(ポスター, データ
  2. 大和田賢一, 小町守. 統計的機械翻訳におけるグラフ伝搬を用いた未知語対訳辞書構築の改善. 言語処理学会第22回年次大会, pp.227-230. March 2016.(ポスター)
  3. 小平知範, 梶原智之, 小町守. 均衡コーパスを用いた日本語語彙平易化データセットの構築. 言語処理学会第22回年次大会, pp.258-261. March 2016.(ポスター, データ
  4. 堺澤勇也, 小町守. 日本語動詞・形容詞類似度データセットの構築. 言語処理学会第22回年次大会, pp.262-265. March 2016.(ポスター, データ
  5. 朝倉康伸, 小町守, 萩行正嗣. マイクロブログにおける浸水害情報の解析. 言語処理学会第22回年次大会, pp.577-580. March 2016.(ポスター)
  6. 叶内晨, 小町守. フレーズベース機械翻訳における単語間の情報を考慮した深層学習による語彙化並べ替えモデル. 言語処理学会第22回年次大会, pp.693-696. March 2016.(口頭, コード
  7. 関沢祐樹, 梶原智之, 小町守. 語構成情報と言い換えパターンを用いた二字漢字の句への言い換え. 言語処理学会第22回年次大会, pp.725-728. March 2016.(口頭)
  8. 野口真人, 梶原智之, 小町守. 語構造情報を用いた日本語複合動詞の言い換え. 言語処理学会第22回年次大会, pp.729-732. March 2016.(口頭)
  9. 平田亜衣, 小町守. Factorization Machines を用いた未知の固有表現分類. 言語処理学会第22回年次大会, pp.805-808. March 2016.(口頭=言語処理学会第22回年次大会若手奨励賞受賞)
  10. 北川善彬, 小町守. 深層ニューラルネットワークを利用した日本語単語分割. 言語処理学会第22回年次大会, pp.933-936. March 2016.(口頭)

シンポジウム等

  1. 梶原智之, 小町守. テキスト平易化コーパスの構築指針. NLP若手の会第10回シンポジウム. September 2015. (ポスター)
  2. 関沢祐樹, 梶原智之, 小町守. 辞書定義文と分散表現を用いた漢語の和語への言い換え. NLP若手の会第10回シンポジウム. September 2015. (ポスター)
  3. 小平知範, 梶原智之, 小町守. 語彙平易化システムの評価のためのデータセットの改良. NLP若手の会第10回シンポジウム. September 2015. (ポスター)
  4. 塩田健人, 梶原智之, 小町守. 日本語学習者の文章読解支援のための語彙制限. NLP若手の会第10回シンポジウム. September 2015. (ポスター)
  5. 野口真人, 梶原智之, 小町守. 語構造情報を用いた複合動詞の言い換え. NLP若手の会第10回シンポジウム. September 2015. (ポスター)
  6. 池田可奈子, 三澤賢祐(不満買取センター). Twitterを利用した日本語感情表現辞書の自動構築. NLP若手の会第10回シンポジウム. September 2015. (ポスター)

その他

  1. Budi Irmawati, Mamoru Komachi and Yuji Matsumoto. Towards Construction of an Error-corrected Corpus of Indonesian Second Language Learners. In Francisco Alonso Almedia, Ivalla Ortega Barrera, Elena Quintana Toledo and Margarita E. Sanchez Cuervo Eds, Input a Word, Analyze the World: Selected Approaches to Corpus Linguistics, pp.425-444, March 2016. Cambridge Scholars Publishing.
  2. 奥野陽, グラム・ニュービッグ, 萩原正人(著), 小町守(監修), イノウ(編集). 自然言語処理の基本と技術. 翔泳社. March 2016.
  3. 小町守. 機械翻訳から見る日本語. 日本語学, 第35第1号, pp.52-63, December 2015.

2014年度

国際会議(査読あり)

  1. Budi Irmawati (NAIST), Mamoru Komachi, Yuji Matsumoto (NAIST). Towards Construction of an Error-Corrected Corpus of Indonesian Second Language Learners. 6th International Conference on Corpus Linguistics. May 2014.

国際会議(その他)

  1. Yinchen Zhao, Mamoru Komachi and Hiroshi Ishikawa. Extracting a Chinese Learner Corpus from the Web: Grammatical Error Correction for Learning Chinese as a Foreign Language with Statistical Machine Translation. In Proceedings of the 22nd Conference on Computers in Education, pp.56-61. Nara, Japan, November 2014. (poster)
  2. Kenichi Ohwada, Ryosuke Miyazaki and Mamoru Komachi. Predicate-Argument Structure-based Preordering for Japanese-English Statistical Machine Translation. In Proceedings of the 1st Workshop on Asian Translation, pp.44-49. Tokyo, Japan, October 2014. (poster, paper)

全国大会

  1. 叶内晨, 小町守, 岡崎直観(東北大), 荒牧英治(京大), 石川博. 風邪に罹ったのは誰か?−疾患・症状を保有する主体の推定. 言語処理学会第21回年次大会, pp.206-209. March 2015. (口頭)
  2. 北川善彬, 小町守, 荒牧英治(京大), 岡崎直観(東北大), 石川博. インフルエンザ流行検出のための事実性解析. 言語処理学会第21回年次大会, pp.218-221. March 2015. (口頭)
  3. 宮崎亮輔, 小町守, 疋田敏朗(トヨタIT開発センター), 柏倉俊樹(トヨタIT開発センター). Wikipedia を用いた遠距離教師あり学習による専門用語抽出. 言語処理学会第21回年次大会, pp.87-90. March 2015. (口頭, コード
  4. 堺澤勇也, 小町守. パラグラフベクトルを用いた教師なし語義曖昧性解消の考察. 言語処理学会第21回年次大会, pp.115-118. March 2015. (口頭)
  5. 平田亜衣, 小町守. 様々なジャンルのテキストに対する固有表現認識の分析. 言語処理学会第21回年次大会ワークショップ「自然言語処理におけるエラー分析」. March 2015.(口頭)

シンポジウム等

  1. 大和田賢一, 宮崎亮輔, 小町守. 述語項構造解析に基づく事前並べ替え手法による科学論文を対象とした日英統計的機械翻訳. NLP若手の会第9回シンポジウム. September 2014. (ポスター)
  2. 趙寅琛, 小町守. 統計的機械翻訳による中国語学習者作文の誤り訂正システム. NLP若手の会第9回シンポジウム. September 2014. (ポスター)
  3. 宮崎亮輔, 小町守, 立花竜一. 遠距離教師あり学習を用いた複合名詞のアノテーションによる未知語の半自動獲得. NLP若手の会第9回シンポジウム. September 2014. (ポスター)

その他

  1. 小町守. 英語教育と自然言語処理のクロスロード [6]「言語の壁を乗り越える. 英語教育, 第63巻, 第6号, pp.52-53, August 2014.
  2. 小町守. 英語教育と自然言語処理のクロスロード [5]「英語習熟度推定の自然言語処理的アプローチ」. 英語教育, 第63巻, 第5号, pp.52-53, July 2014.
  3. 小町守. 英語教育と自然言語処理のクロスロード [4]「コンピュータに誤りは直せるか? 動詞誤り訂正の新潮流」. 英語教育, 第63巻, 第4号, pp.52-53, June 2014.
  4. 小町守. 英語教育と自然言語処理のクロスロード [3]「コンピュータに誤りは直せるか? 前置詞誤り訂正の最先端」. 英語教育, 第63巻, 第3号, pp.52-53, May 2014.
  5. 小町守. 英語教育と自然言語処理のクロスロード [2]「ビッグデータ時代の英語学習者コーパス」. 英語教育, 第63巻, 第2号, pp.52-53, April 2014.

2013年度

学術論文誌

  1. 林部祐太 (NAIST), 小町守, 松本裕治 (NAIST). 述語と項の位置関係ごとの候補比較による日本語述語項構造解析. 自然言語処理, Vol.21, No.1, pp.3-26, March 2014. (論文
  2. 小木曽智信(国語研), 小町守, 松本裕治(NAIST). 歴史的日本語資料を対象とした形態素解析. 自然言語処理, Vol.20, No.5, pp.727-748, December 2013.(論文
  3. 水本智也 (NAIST), 小町守, 永田昌明 (NTT), 松本裕治 (NAIST). 日本語学習者の作文自動誤り訂正のための語学学習 SNS の添削ログからの知識獲得. 人工知能学会論文誌, Vol.28, No.5, pp.420-432, July 2013.(論文
  4. 小嵜耕平 (NAIST), 新保仁 (NAIST), 小町守, 松本裕治 (NAIST). 相互 k-近傍グラフを用いた半教師あり分類. 人工知能学会論文誌, Vol.28, No.4, pp.400-409, June 2013.(論文
  5. 岡照晃 (NAIST), 小木曽智信 (国語研), 小町守, 松本裕治 (NAIST). 統計的機械学習を用いた歴史的資料への濁点付与の自動化. 情報処理学会論文誌, Vol.54, No.4, pp.1641-1654, April 2013.(論文)

国際会議(査読あり)

  1. Hiromi Oyama (NAIST), Mamoru Komachi and Yuji Matsumoto (NAIST). Towards Automatic Error Type Classification of Japanese Language Learners’ Writings. In Proceedings of the 27th Pacific Asia Conference on Language, Information, and Computation (PACLIC 27), pp.163-172. November 2013. (oral, paper
  2. Keisuke Sakaguchi (NAIST), Yuki Arase (Microsoft Research, Asia) and Mamoru Komachi. Discriminative Approach to Fill-in-the-Blank Quiz Generation for Language Learners. In Proceedings of the 51st Annual Meeting of Association for Computational Linguistics: Short papers, pp.238-242. August 2013. (poster, paper
  3. Yu Sawai (NAIST), Mamoru Komachi and Yuji Matsumoto (NAIST). A Learner Corpus-based Approach to Verb Suggestion for ESL. In Proceedings of the 51st Annual Meeting of Association for Computational Linguistics: Short papers, pp.708-713. August 2013. (oral, paper

国際会議(その他)

  1. Ippei Yoshimoto (NAIST), Tomoya Kose (NAIST), Kensuke Mitsuzawa (NAIST), Keisuke Sakaguchi (NAIST), Tomoya Mizumoto (NAIST), Yuta Hayashibe (NAIST), Mamoru Komachi, Yuji Matsumoto (NAIST). NAIST at 2013 CoNLL Shared Task Grammatical Error Correction. In Proceedings of the Seventeenth Conference on Computational Natural Language Processing, pp.26-33. August 2013. (oral, paper
  2. Tomoya Mizumoto (NAIST), Yuta Hayashibe (NAIST), Keisuke Sakaguchi (NAIST), Mamoru Komachi, Yuji Matsumoto (NAIST). NAIST at the NLI 2013 Shared Task. In Proceedings of the 8th Workshop on Innovative Use of NLP for Building Educational Applications, pp.134-139. June 2013. (poster, paper

全国大会

  1. 吉本一平(NAIST), 小町守, 松本裕治(NAIST). 定冠詞の前方照応用法を考慮した冠詞誤り訂正. 言語処理学会年次大会, March 2014.
  2. 岡照晃 (NAIST), 小町守, 小木曽智信 (国語研), 松本裕治 (NAIST). 表記のバリエーションを考慮した近代日本語の形態素解析. 人工知能学会全国大会, 2B1-2. June 2013. (ポスター)

その他

  1. 小町守. 英語教育と自然言語処理のクロスロード [1]「はじめよう自然言語処理」. 英語教育, 第63巻, 第1号, pp.52-53, March 2014.
Comments